消防立入検査でお困りの方

消防立入検査でお困りの方へ

消防用設備等は,いつなんどきに火災が発生しても,確実に機能を発揮する必要があります。そのためにも日頃の維持管理が重要です。また設備は経年とともに劣化が進み、不具合や故障が発生しやすくなってきます。

さらにその際に必要となる「補修用部品」もパーツによっては永続的な入手が困難な物もあり、迅速な修理対応に支障をきたす恐れが出てきます。それらを未然に防ぎ設備の空白期間を生じさせないために、法定点検を行い、その結果を基に機器のメンテナンスを行う必要があります。

立入検査(査察)とは

立入検査(査察とも呼ばれることがあります)は、 本来防火対象物の関係者が、自主的に履行すべき消防法令等の遵守状況について、法の執行として行政監督の立場からチェックし、当該法令等を履行させるために行われます。

投稿日:

Copyright© 熊本中央防災設備 , 2019 All Rights Reserved.